食事が原因で起きる口臭について

2015y10m13d_125001320

 

口臭の原因は体調が悪い場合や虫歯や歯周病が原因になることもありますが、
食事が原因で口臭を引き起こすことも多々あります。

 

例えば口臭につながりやすい食事の代表として納豆や
キムチなどの発酵食品やチーズなども食後にかなりきつい口臭になることがわかっています。

またニンニクを使用した餃子や中華料理などは周知の事実でしょう。

こういった食事による口臭は食後に歯を磨いたり口を
ゆすいだりするだけでは根本的な解決になりません。

 

臭いの元が胃部へ入っているのでそこから臭いが上がって
きてしまうのでレモンやオレンジの果汁を食後に飲んだりすると
口臭の原因を和らげることができると言われています。

ただ外食先では必ずしも食事のあとに果汁を飲んだり歯磨きや
うがいをしたりすることが出来るわけではないのでミントガムを
噛んだりブレスケアを食べたり指定口臭予防に努めるのが最も効果がある方法だと言えます。

臭いの強い食事こそ美味しいのが常ですから、たっぷり食事を
楽しんだあとには口臭予防のエチケットを忘れないようにしましょう。

 

コメントを残す